それでいいのか?セールスマン。

珍しく仕事のことなど書いてみようかと。
と言っても、真面目な話ではなく、愚痴でもない。

私の仕事って一人でやってるだけあって、その内容は多岐にわたるのです。
しょうもないことから、一応責任のあることまで。

本日はそのしょうもない仕事の1つであるセールスのお断り。
で起きたオモシロイ?話。
というか、近頃のセールスマンはなっとらん!って話。

ウチらへのセールスってほとんどが電話でのセールスです。
ある日のこと…

セ「コピー機等の担当の方お願いします。」
凸「わたくしですが。」
セ「そうですか。では改めさせていただきます。」

………担当は私だって言ったよね??
あまりにナチュラルに切られたんで、電話切れてから「は?」となった凸でした。
(セールスの人はとにかく上と話したいんで、こういうことするみたい。
わかってはいるんですが、あまりの厚顔さに唖然…)
それでも、こんなのは序の口。お次は…

セ「○○建設です。所長さんいらっしゃいますか?」
(ちなみにこの時点で喋り方だなんだでセールスの人ってすぐわかります。
ということで、はなからお断りモードで話しております。)
凸「失礼ですが、どういったご用件でしょうか?」
セ「新しい相談の件で。」
凸「どちら様からのご紹介でしょうか?どういった関係ですか??」
セ「所長いるの?いるんなら代わって!!」
凸「用件がわからない場合は代われません。」
セ「だ~か~ら~、相談だって。」

と、このような問答をエンドレスで続けることに。
大体相手がイラッと来て、あんた何者?事務員??
事務員に相談を勝手に断る権利あんのか??的なこと言って、スゴんできます。
が、法律事務所の事務員ナメんなって感じです。
そんな程度のスゴみ方でビクともするかってな。
ってか、むしろ私に遊ばれてることに気付けって。

相談を勝手に断る権利はなくても、セールスを断る権利はあるんだよ~ん。
ってなことを思いながら、「すいませ~ん。用件話せないんなら切りますね~~。」
とガチャッてやってやります。

それでも更にイヤガラセ的にしつこく架けてくるヒマな奴とかいますが、
ほんましょうもない。次行った方が生産的だってことが理解できんのか??
こっちは長引かんように切ってやってんのに。
って、やっぱ愚痴っぽかったか??


お得意ポーズのジジ
修行が足らんな~お姉ちゃん。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。