ベルギーのピエールに恋をした~~。

先日チョコを買いに行きました。
マイチョコ
手前はマイチョコのショコロン(マカロンにチョココーティング。正直イマイチやった…)
と奥は親父様用という名目のほぼマイチョコ。こちらはピエール・ルドン。

ところで、私はトリュフチョコだとかプラリネだとか
中に何か入ってる系のチョコがとにかく苦手
更に言わせてもらえば、ゴディバとかなんとか…とにかく高級になればなるほど、
洋酒だなんだといろんな味が複雑に絡み合い(それが良いんやろうけど)、
チョコ食べてんだか何食べてんだかわからん~っ、イーーッてなる

そんな高級チョコ大嫌い ビバ明治な私を、
試食の小さい欠片だけで虜にさせたピエール・ルドンのチョコはある意味すごい。
あのミルクチョコの口どけのよさ。香り。後味の爽やかさ。
どれをとっても今まで食べた高級チョコの中で一番でした

ちなみに、ここは作ったチョコを冷凍しない主義だそうで、
基本的には、うちらではこの時期だけしか買えないそうです。
う~~ん。やっぱ自分専用にもう1箱買ってこようかな??

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

毎年この時期は高級感と由緒ある名前のチョコが並びますね~
ピエール!?もちろん知りませんが、色とりどりでうまそ~

Re: タイトルなし

ピエールって言ったら、普通はピエールマルコリーニですよね。
ピエールマルコリーニは食べたことないんやけど…どうなんかな??

手前の色とりどりは日本人が作ってるんですよ。なんてったかな?
パティスリー・サダハル・アオキ・パリとか…
完璧ビジュアル買いです。味はあんまり好みじゃありませんでした。残念。

ちなみにバレンタインを前に、親父にあげたチョコをみんなで試食しましたが、
オカンは「ゴ○ィバよりは良いけど、やっぱ明治やな。」っと…
明治好きはDNAに組み込まれてるようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。