ジジ4歳♀。攻撃性ゼロ。

昨日今日とちょっと犬臭くなった我が家のワンコズをシャンプー。

そして、市内の小学生たちのためのイベント、
その名も「子どもまつり」にジジ連れで乱入。

我が家はこういう時、
初めての場所雑踏子ども啼かない噛まない暴れない。
3拍子も6拍子も揃ったおジジ頼みである。

まっちょっと、通りすがりの“たこせん”のぞき込んだり、
2本足で唐揚げチョウダイチョウダイしたりはするけど…

会場では子どもまつりって言うだけあって、子どもがワンサカ。
犬好きな子たちがおジジに群がる群がる。

そんな時でも、おジジはウンともスンとも言わず。
お耳をコネコネされようと、されるがまま。


こんなとき思うのが、これが攻撃性がないってことなのかね~ってこと。
コレは全くもって個人的な意見やけど、
ボーダーはどんなにしつけても、嫌なことされた時って、
噛んだり唸ったりはしないまでも剣呑な雰囲気ってのを感じる。

現にナラは人間に対して攻撃的なことはしないけど、
やっぱりイラッてしてるな~ってのは飼い主としては感じるわけで。
そうなると、もし万が一ってこともあり得なくはない。
って思うと、心底安心しては見てられない。

その点、ジジは全然イヤとも思ってないみたい。
だから、そんな子どもウジャウジャなトコ連れて行っても、
ホントに全然心配なしで見てられる。

どっちが良いとかじゃなくて、そういうのが犬種の違いなんかな~と思うわけです。

だって、草食動物とは言え、
羊と睨み合って思うようにコントロールするのが仕事のボーダーから
攻撃性を取ったら、たぶんお仕事にならないでしょ

その点、ブリは猟が仕事とは言うものの、
鳥を見つけて飛び立たせて、落ちた獲物を拾ってくるっていう仕事の中に
攻撃性はどっこも必要ない。

攻撃性のあるなしはそういうところから来るのかなって思うわけです。
とは言え、個体によるところも多いにあるから、
攻撃性ゼロのボーダーや攻撃的なブリも居るんでしょうけどね。

ジジIN子どもまつり
唐揚げくだしゃい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。