NASバリ2015⑤

どこまで書いたか忘れてしまったバリ旅行記(^^;;
今日は長文書きます。

トランベンでのダイビング。お迎えは問題なかった。
途中、事務所に寄って免責の書類やら書く。この辺りも普通。
しかし、ここらでいつもなら日本人or日本語ペラペラな現地の人辺りが出てくるはず…が、出て来ず(^^;;
不安なまま沈船スポットのトランベンへ。

途中、2人のおっちゃんを拾う。ドライバーとは仲良さそうやけど、なんの説明もなく…これタダの友達拾っただけやないやろな??と不安になる。
バリは荒い運転が普通やけど、この日のドライバーがダントツ1位。
山道で先の見えないカーブの途中でも追い越しかけるという命知らず(´Д` )
こういう時は前を見ないに限る。

トランベンへは2時間強?長かった。そして暑かったε-(´∀`; )
到着後、何処そこで着替えてきて~って途中で乗ってきた2人が。
え?この先には日本人インストラクターが居るんですよね??
っと、めっちゃ不安になる。

そして、指定された場所へ行くとやっぱり途中で乗ってきたおっちゃん2人(どう見ても現地人漁師!)が…不安見事に的中( ̄▽ ̄)
この日本語カタコトのおっちゃん1と日本語ワカリマセ~ンなおっちゃん2に命を預けるらしい。
不安しかないぞー((((;゚Д゚)))))))

まあ気を取り直して、カタコト日本語で説明を聞きながらハワイで教えられたことを思い出しつつ準備。
そしてダイブ。沈船ダイブは面白かった。
しかし、問題は初体験のビーチエントリー。乗り物酔いするメンバー多しなので、船乗らなくて良いんだ~って単純に喜んでたんですが、浅瀬でフィンとか付けてる間に荒波に揺られ、皆さんグロッキー( ̄▽ ̄)

そして、言葉が通じないという不安の影響もあったのか、友人1人が私がハワイでパニクった口呼吸できない病を発症し…(^^;;
マヂ死ぬかと思ったそうな。(そうなのよ、あれホンマに死ぬ!ってなるんよ)
私は今回は落ち着いて口呼吸クリア♪
たぶんもうドコで潜っても大丈夫d(^_^o)

さてさて、1度目が終了してホッとしたところに残念なお知らせ。このツアーは2ダイブなのです。
ご機嫌なのは私だけ。お昼ご飯出してもらったけど、みんな遠くを見つめてるよ…( ̄▽ ̄)
2ダイブ目はナシかな~と思ったけど、みんな頑張りました!
2ダイブ目は沈船の中にも少し入れて、やっぱり潜って良かった♪

そうそう、写真。友達がデータ持ってるため、私の手元には来ておりません。
もし機会があれば後日またアップします~。ちゃんと撮れてたんかな(^^;;


皆さんお疲れの中、1人元気なワタシ~笑

ダイビングはスパもセットで申し込みしてまして。
しかし、帰る時にドライバーは何も言ってくれず…?
どういう流れになってるかも知らない私たちは片言ジャパニーズの面々に確認するのもややこしいし、任せときゃ良いや♪と、ホテルのあるレギャン地区へ。
途中、ドライバーたちは寄り道して買い食い。アンタたち自由だねぇ(^^;;

何処かでスパに寄るか?ホテルにお迎えか?と思ってたのに、ハイ到着~ってドライバーが何事もなかったかのように帰ろうとするから、チョイ待ちチョイ待ち~((((;゚Д゚)))))))
ドライバー全然日本語通じないから、ホテルのフロントの日本人のお姉さんに来てもらい(この方にはとってもとってもお世話になりました!)通訳してもらったら、突然態度悪化のドライバー。

お姉さんはあまりの態度の悪さにだいぶキツめに何やら言ってくれたようで、渋々スパへ連れて行ってくれる気になったドライバー(結局、自分のミスだってことにも気づいたもよう)しかし、イライラが治らないらしく、ヒドい運転が更に悪化ε-(´∀`; )

これホントにちゃんとしたスパに連れてってくれるのー??って不安でしたが、着いたのは小綺麗なスパ。バリ ラトゥ。







ダイビングで疲れきった身体を癒し 笑


タイ料理屋のレモングラスへ。
ここもバリでよくあるオープンテラスなお店。
しかし、お店のすぐ前を車がビュンビュン通る。←この事実が翌日驚愕の自体を引き起こすψ(`∇´)ψ

バリでタイ料理 笑
でも時間遅くなるとホテルからあまり離れたくないし…となると選択肢少ないのよ(^^;;
それに、このお店はインドネシア料理もあるしね♪


ココナッツカレー?普通に美味しい。


スープ。まっタイ料理らしいお味。


ステーキ。パサパサ。


ミーゴレン。美味しかった!
お代わりしようと思ったら、ラストオーダーの時間過ぎてた。残念(´Д` )

そんなこんなで3日目の夜も更けていくのでした…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。