そして、京都へ。大和川へ。焼肉へ。

予定通り、京都へ行ってきました。
と言っても、超弾丸ですけど。

おばあちゃんに会って、「痩せや~結婚しいや~」と言われ、
(ごもっとも過ぎて、何も言えねぇ…)
↑って言えるぐらい元気でシッカリしてることに安心し、
途中の平八茶屋で鰻丼食べて帰ってきました。

平八茶屋の入口はホンマに店やってんのか??
と不安になるぐらいさびれひなびた感じ。
ですが、通された座敷は古いながらも、部屋からの景色が◎
途中の廊下は私の体重を支えられるのか?と超不安になったが。
今にも志村けん扮する「ひ~ちゃん」が出てきそうだ…とは母親談。

鰻丼は注文入ってから、捌いて焼くらしく、若干時間はかかりますが、
その間、部屋から見える川と新緑を堪能。

京都2
お母ちゃま。顔は消してますが、何が嬉しいのやら、満面の笑顔です。

京都
外の景色はこんな感じ。

ここらは水もきれいで、おジジをこんなとこに住まわせたら、
水遊びしたり、甲羅干ししたりしながら、
日がな一日遊んでるだろうなぁと容易に想像がつく。
しかし、猿がよく出没するようで、
お猿と間違えて撃たれんように気をつけんとダメだろうな…

うなぎ
鰻丼と海老しんじょのお吸い物、鱧の玉子とじ。

私、初の関西風鰻かもしれん。腹開きで、パリパリでした。
大阪はほとんど関東風やもんね。
個人的にはタレがもうちょっと甘めやと言うことなし。


夕方のお散歩、ナラぽん久しぶりの大和川カムバック。
竹馬の友なイー君とワオワオ言いあって、
あまりの興奮ぷりにまた鼻血出るかな~?と思ったけど、
そんなこともなく、相変わらず絶好調。


そして、夕食はオカンの誕生日祝いに焼肉~♪
我が家の大っ嫌いなさし入りの高級肉の脂っこさは、
焼き方がダメだったせいだと教えられ、
お店のマスターが焼いてくれた上カルビの味に納得し、
さらにはモモ肉の焼きしゃぶの美味さに悶絶し、
やっぱり我が家は赤身が良いなという話で落着し、
モモ肉のあまりの美味さに、ワンコへのお土産用にお持ち帰りし、
何のありがたみもなく、ペロッと丸のみにされ、それでも幸せな一日でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ナラ姐さん絶好調でなによりです☆

アジ練の帰りは渋滞大丈夫だったでしょうか?遅くならなかった?
お疲れ様でした!

志村けんのひーちゃんキャラ うちの家族大ファンです 笑

No title

ありがとうございます。ホント効果があって良かったです。

アジ練帰りは覚悟していたほどの渋滞ではなく、
ほとんどいつも通りと言う感じで、6時過ぎぐらいには着いてたかな?

ひーちゃん、田舎の旅館とかにホントにいそうですよね~。
私もあの妙なリアル感が大好きです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。