天才・ノア

最近日課としてる日向ぼっこ。

日向ぼっこしてるだけでも、それぞれの個性が表れる。

ミオは庭を一周したら、後は出入り口のところで「入れとくれ~」と座り込む。
キキは落ち着きなく、辺りを探索し、飽きたら(以下同文)。
ナラは木漏れ日程度が良いらしく、木の下とかでボヘーッとしとる。

日向ぼっこの意味を一番理解し、堪能してるのはノアとジジ。
中でもノアはみんなが家に入っても、庭で粘ってる。

日向ぼっこ
日向ぼっこの天才だと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

流石!省エネ犬のノンノン自然の恵みで健康維持を心がけてますね~
ノンノンとジジは、日頃から野生児っぽい所があるし血統的にも野生の本能が(!?)が色濃いんでしょうかねいずれにせよ、日光浴の意義を知る天才犬ですね

Re: タイトルなし

私はノンノンの日向ぼっこ姿を見るたびに、さすが北国出身!て変な感心してしまいます。
(寒い国の人って、暖かくなるとすぐに水着になって日光浴ってイメージじゃないですか??)

ノンノンとジジ、揃いも揃ってヘッポコ野生児ですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。