How do you like CANADA?11(参加は自己責任で編)

さてお待たせしました、風の洞窟ツアーの様子。
風の洞窟ツアーは噂によるとびしょ濡れ必至のデンジャラスアトラクション。
カッパだけでなく、サンダルまで貸してくれます。

風の洞窟ツアー4
写真右下に黄色いカッパ集団が見えるかと思いますが、
あの階段を上っていきます。

風の洞窟ツアー2
キレイな虹がかかってます。

風の洞窟ツアー3
だいぶ近くまで来ました~。

風の洞窟ツアー5
残念ながらちゃんと写真が撮れてるのはここまで。

この後、私たちは更にナイアガラに接近を試み、
デンジャラスゾーンのハリケーンデッキへ挑む。
…もうね、何が何やら。滝を間近で見たいのに、目も開けてられず…
濡れるとか濡れないとか言うレベルの話じゃなく…水しぶきはイタイし…

しかし、なんだろうこの面白さ!爽快感!!
これぞ私たちが求めていた物だよ!!
テンション上がりまくりで、2~3度挑戦しちゃいました。
痛くても、眼開けられんくても、何かが楽しかった!!

ハリケーンデッキから離れ、
冷静になってみると、おパンツまでビチョビチョ…
ユニクロの完全防水ヤッケの上からカッパ着たのに、
なんでこんなことに??
暖かかったからこそ、心から楽しめたアトラクションでありました。

しかし、ただ滝の近くを歩くだけとはいえ、
シャレにならんぐらいにビショ濡れやし、
ハリケーンデッキに至っては一歩間違えば、
かなり危険そうなアトラクションやというのに、
年齢制限もなけりゃあ、何の注意喚起もなく…
インド系?の人が多かった(サリーにカッパ…)んやけど、
抱っこひもで抱っこした赤ちゃんを何のガードもなく連れて行ってはりました。

アメリカはこういうことも自己責任か…
日本やったら、絶対小学校高学年以上じゃないと×とか言われそう。
それでも事故が起きたとは聞かなかったから、すごいよね~。

そう言えば…レンタルのサンダル。
履いたまま帰る人のなんと多いことか…
それでも見張りもなんも付けてへんし。

自己責任で大人な国かと思いきや、おおざっぱでテキトー。
でも、それが何やら楽チン。

日本に帰ると秩序も守られてて快適で。
守られているというか、甘やかされてる感じで。
でも、それがなんか息苦しいんよね。
まあずっと住んでたら気づかないけどさ。
そんな風に感じたカナダ旅行でした。

…て、まだまだ続くけどね。

そうそう。忘れちゃいけない、この写真。
風の洞窟ツアー6
誰の真似したんやっけ??テンション上がって、これですよ。
いや~~。ホント楽しかった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ケンシロウになりたかったの・・・

「はああああああ!!」とか言って、
筋肉で服破りたかったの・・・

ぶよぶよ贅肉では無理でした。

いつか、太ももの清水筋で挑戦します。

Re: No title

そっちでしたか。
桐沢さんのことやから、ケンシロウかDBかとは思ったんですが。

ぶよぶよ贅肉で破るか、清水筋で破るか…
ぶよぶよ贅肉のほうが成功率高そうよね、まだ。
清水筋で敗れたら…テレビ出れる!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。