How do you like CANADA?2(やっとナイアガラ到着編)

我が家は空前の抽選当選ブーム。
オカンと私が全然別のところで申し込んでた物なんですが…
しかも日帰り旅行ばっか。さらには、お一人様ばっか。
どちらも権利を放棄する予定です。
もっと良いもの当たれば良かったのに。私は商品券が欲しかったんだよ~と。


さて、旅行記の続きを。
バッファロー空港到着後、小さなバスに乗り換えて、陸路カナダへ。
数十分後にはアメリカとカナダをつなぐレインボーブリッジを渡り、カナダ入国。

こちらの入国審査は全く何も聞かれませんでした。
添乗員さんが説明してくれてたんでしょ。きっと。
(デトロイトの国内線の職員に盛大なタメ息つかれたんで、ちとビクビクしてたんだが。
…感じの悪い奴やったよな~。
スーツケースもかなり乱暴に倒してくれたしな。しかも、ポテチ食いながら!!)

そうそう、この添乗員さんがすんごい笑えるぐらいのカミまくりで。
カナダ滝と言いたいのだが、「かなだたた…かなたたき…かなただき…」
と、結局最後までちゃんと言えてませんでした。毎回どうしてんだか…?
英語は堪能みたいでしたけどね。羨ましいような、羨ましくないような…
以後、彼のあだ名はもちろん「カミカミ君」になったのは言うまでもない。
(面と向かっては言ってませんよ?可哀想やし。)

レインボーブリッジを渡るとすぐ、私たちが宿泊するシェラトン・オンザフォール。
部屋はこんな感じ。
シェラトン
今回は急きょ5人旅となったため、1つエキストラベッド入れて貰いました。
エキストラベッドにしてはエエベッドでした。

がしかし、部屋の掃除のテキトーなこと…
テレビボードの裏にはいつ捨てられたのやら?な空きペットボトル。
お風呂は怖い話に出てきそうなほどの大量の毛髪…
ウンザリしながらもクレーム出来るほどの語学力がないのが悲しい…
それにしても、アップグレードしたホテルやってのに…

ホテルはその名の通り、すぐ目の前がナイアガラのアメリカ滝。
(ナイアガラにはカナダ滝とアメリカ滝があります。みんなが知ってるのはカナダ滝。)
初日ナイアガラ
音がすごいんじゃないかと思ってたんですが、窓を開けたら確かに音が聞こえるものの、
ちゃんと二重窓になってるんで、閉めてしまえば全然聞こえませんでした。
それにしても、風向き次第では水しぶきがかかる!!すごいな~~ナイアガラ。

クリフトンヒル
ホテルのすぐ横はクリフトンヒルと呼ばれる通り?があります。
私のイメージを崩す…というか、予想外の繁華街でした。

さて、腹を空かせたNAS。
遅めの夕食へと街にくりだしたのでした。まだまだ続く。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。