How do you like CANADA?(すごいぜアメリカ人編)

やっと旅行記書き始めます。

タイトルの由来はあまりにあまりな旅程がまるで「水曜どうでしょう」のようだ。
というNAS全員一致の意見から。
わからん人にはわからんで良い話です。ええ。

さて出発の朝。
同じバスで行こうと申し合わせたハズのもみじさんが、
当のバスに乗っていないというハプニングから始まりました。
この時すでに前途多難な旅を予想した凸であります。

ちなみに、遅刻の理由は携帯を忘れたからだそうでした。
数分前に笑顔で送り出してくれた母の顔が、鬼の形相に変わったそうです。…当たり前。

まあそんなことも想定内なNAS。
(アクシデントへの対応は日本政府よりもしっかりしておりますのよ。オホホ。)
余裕をもった集合時間のおかげで何事もなかったかのように伊丹到着。

伊丹で朝マック~♪と思っておったんですが、伊丹はまさかのマクドなし空港でした。
テンション↓で仕方なくアンデルセンへ。
まっココはココでみなさんゴキゲンで朝食。

アンデルセン朝食
私はオーソドックスなブレックファースト。

朝食後は順調に罰ゲームのような旅程をサクサクこなす。
伊丹→羽田、バスで成田。

今回はデルタ航空の旅。
乗ってみてビックリ。なんと座席にモニターがない~~~~。

なんてこったい…映画見る気マンマンで、
時間つぶしグッズは本ぐらいしか持ち込んでないんですが?
しかも、10時間以上の長時間フライト…何すりゃいいんだい??

今どき、国際線でこんな飛行機あるんですね…私たちは初めてでした。
通路側やったのを幸いに、大画面で映画見たり、本読んだり、寝たり。

あとは食う!食う!!食う!!!
とにかく、ひっきりなしに機内食が出てくる。
まるでフォアグラ用のガチョウか採卵用の鶏かのように、
狭いところに閉じ込められ、エサばかり食わされる10時間強。
何だかんだと文句言いながらも、やることないんで結局食べちゃうけど。

そして、覚悟してた割には精神的にも体力的にも大したツラさはなく、
無事に着いたはデトロイト空港。

そういや、飛行機降りるときの座席の乱れ具合ったらなかった。
ちょっとゴミが落ちてる程度じゃない。
ブランケットや雑誌にペットボトル、あらゆる物が落ちてて、
まるで乱闘騒ぎでもあったかのよう…すごいぜアメリカ人。

デトロイト空港
建物の中にモノレールが…スケールでかし。
ちなみに端から端で1.6キロあるらしい。
ちょうどエエ感じの直線やからか?ランニングしてる人いました。職員か??

空き時間で…
寿司バー
寿司バーを冷やかす。
ウナギとハマチ。各3.50ドル。まぢか?激高。
そして、ワサビ激辛。

デトロイトから更にバッファロー空港へひとっ飛び~。
4列シートの飛行機なんて初めて。ちいせ~。

横のスパニッシュ?なおばちゃんに、
「What time ~?」と叩き起こされること2度。
な、なんてKYなんだ。よっぽど急いでたのか??

ここで桐沢さんのスーツケースベルト紛失。
一応、添乗員さんに聞いてもらってみるが、さらっと「出てきません。」と言われたらしい。
明らか開けた形跡があるんで、こちらの落ち度ではないハズなんだが…
もちろん誰も謝罪に来ません。な、なんて、テキトーなんだ…

え~っと、まだナイアガラ到着なりませんが、本日はこのへんで。
(…いったい、何回に分ければ書ききれるんだろうか??)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

風邪は完治した?
なんか、事件のニオイがプンプンするね~
どんなハプニングがあったのか楽しみだわ。笑
ワクワクo(^o^)o

Re: タイトルなし

なかなか完治とはいきませんが、元気にはしてます。

大事件はなかったと思うんですが、小さなハプニングは盛りだくさんでした。
順調にはいかないNAS旅行楽しみにしててください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。